【新習慣!】食事の前のベジファスでお手軽でお気楽な野菜摂取♪

あなたは毎日しっかりと野菜をとることができていますか?言うまでもなく、私たち人間が健康な体を維持するために、野菜の摂取は決して欠かすことはできません。それなのに、十分な量の野菜を毎日の食事の中に取り入れることができないという悩みを抱えている方も少なくないようです。

 

忙しい現代社会の中で生活を送っていると、どうしても食生活は乱れがちです。さらに、食事スタイルの欧米化も進み、野菜を摂取することの難しいファーストフードに頼ってしまうという方も多いのではありませんか?
ベジファス16

そんな状況に追いうちをかけるように、野菜価格もどんどん上がり「野菜を買いたくても経済的に買えない」という家庭も増えているといいます。

そこで、ここではそんな状況を打開してくれるアイテムとして注目されつつある「ベジファス」をご紹介してみたいと思います。

 

◆ベジファスって何?簡単に野菜がとれる?

まず、どうして毎日野菜を摂取しなければならないのでしょう?もちろん、理由は一つではありません。野菜の種類によっても異なっていますが、健康を維持するためのさまざまな栄養素が含まれていますので、継続して摂取することがとても大切です。

そんな野菜の栄養素・成分の中でもとくに重要なのが食物繊維です。

これが不足すると血糖値の急激な上昇や便秘などの原因となります。そんな状態が長期間にわたって続けば、糖尿病や大腸ガンといった深刻な病気の引き金となることもあります。
ベジファス18
しかし、毎日十分な量の食物繊維を摂取するのは簡単なことではありません。大量の野菜サラダを毎日食べることができる…そんな方はあまり多くはないでしょう。
そこで、簡単に十分な食物繊維を摂取できる機能性表示食品として今女性を中心に高い人気をあつめているのがベジファスなのです。

 

◆どのくらいの食物繊維を食前にとるのが理想的?

血糖値の急激な上昇などを防ぐためには、一般的に食前に5グラムの食物繊維が必要と言われています。

これを野菜で考えると、レタスなら2個、バナナなら5本、キャベツなら4分の1個を食べなければならないことになります。

これを毎食前に食べるのは難しいですよね?そこで、ベジファスであれば小さなゼリー1つに5グラム分の食物繊維がしっかりと入っているのです。
コンパクトなパッケージに入ったゼリーですので、持ち運びに困ることはありませんし、いつでも好きなタイミングで摂取可能です。
ベジファス17
あなたも、ベジファスで食前にしっかりと食物繊維を摂取してみましょう。なかなか食生活を改善できない…そんな悩みを抱えている方にこそおすすめです。

 

ベジファス体験!脂肪や糖の吸収を抑えるトクホi飲料から乗り換え

関連ページ

ダイエットや美容だけじゃない!ベジファスで中性脂肪を減らそう♪
あなたは「中性脂肪」について気にしたことはありますか?ある程度の年齢になると、気になってくるという方が多くなるでしょう。
効率の良い飲み方やタイミングは?ベジファスの効果を確実に得る方法
サプリメントや健康食品をずっと使っているのになかなか効果を実感できない…そんな声をよく耳にします。勿論どんなサプリメントであってもすべての人に高い効果を発揮してくれるわけではありません。
ダイエット系食品の安全性に疑問!ベジファスは本当に安全か?
あなたは健康食品やサプリメントを選ぶ時、どんな点に注目しているでしょうか?もちろん、人によって求めるものは違っています。
ベジファスは試す価値あり?ダイエットできる仕組みは信用できる?
ダイエットがなかなかうまくいかない…そんな悩みを抱えている方はきっと多いことでしょう。特にある程度の年齢になると基礎代謝が下がってしまう関係もあり、ダイエットは難しくなってしまいます。